マジLOVEキングダムに入国してきました

先週公開された「うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEキングダム」を、観てきました。
何から書けばいいのかよく分からないけど、すごかった。自分に語彙力がないのがとっても情けないのだけど、とにかくすごかったし、自分はこれをリアルタイムで観ることができて本当に幸せだなってしみじみ思った。楽しすぎて、一週間に三回も映画館に行ってしまった(うたプリガチ勢の猛者とは比べないでください)。

私はうたプリガチ勢ではまったくないんだけど、ゲームは無印、AA&SSとRepeatとMUSICまではプレイ済(Debutもしかしてやってたかもしれん)、アニメは2期ぐらいまで見ていて、周りに現役うたプリオタもいるので最新の情報はふわっと知っている、という程度の「あ、うたプリ好きですよ~」っていう人間で、シャニライもたまにしばらくログインしない期間もありつつたまに課金している、翔ちゃんと藍ちゃんが好きです!というレベル(ヘブンズの知識はそんなにはない)。

そんな感じなので映画も公開されたら観に行こうとは思っていたものの、ストーリーなしの全編ライブってことは実際観るまで全く知らなかった。
なので普通に初回は通常上映を観に行ったんだけど、しょっぱなから音也とれいちゃんと鳳瑛一さん*1の声で注意事項がアナウンスされ「こ、これは影ナレでは…!?」となり、そんなこんなで始まった~!と思ったら謎の時計台、ロンドンからの汽車が出発進行、こ?!これはまさか、コンサートが始まる前の?!オープニング映像???あっみんな出てきたぁキャーーーー翔ちゃん~~~!!!藍ちゃん~~~!!!!キャーーーーーー!!!!!*2ってなんかこれ完全にメンバー紹介映像みたいになっているけどもしかするとこれは何か想像しているのと違うものが始まるのでは・・・・・

ワ、ワァ~~~~~~!!!!!!!東京ドームゥ~~~~~~~~~~~????!!!?!?!

ってなった。えっふつうにコンサート始まったやんっていう。
そこからはもうコンサートを全力で楽しんだ。完全にライブビューイングだったよ。サイリウムの光の波も本当に綺麗で、この光景見たことある、コンサートだあ、知ってる知ってるこの感じって思った*3。楽しかった…。いずれちゃんとコンサート自体の感想も一つ一つ書きたいなあとは思っているけど、今回はまさかこんな素晴らしいコンサートが観られるなんてという驚きと感動を書き残しておこうと思って、それだけ。一回目は本当に感動してほとんど何も覚えていなくて、「楽しかった!!!すごかった!!!!」っていうことだけが頭の中を占めていたと思う。
ST☆RISHQUARTET NIGHTHE★VENSもどのグループのパフォーマンスも素晴らしかったし演出も本当に最高楽しくて大好き!!!!!!!って思いました。

あとこれは何度か観て今更思い返しているのだけど、こんなに大きな会場でコンサートができていることをみんな本当に楽しそうに幸せそうに感謝を語る姿が印象的だったなあって。嬉しい!楽しい!大好き!っていうのが本当に伝わってきて良かった。観ているこちらも幸せになるなあって思った。
私はジャニーズのアイドルも応援していたりしたけど*4アイドルはやっぱり、自分たちが楽しそうにパフォーマンスをしている姿が一番輝いているなあと思った次第です。
特にトキヤのあーんなに楽しそうな姿、びっくりした。ほとんど最近のアニメを見ていないので、もしかすると随分柔らかくなって感情表現も前よりするようになっているのかもしれないけど、あんなにテンション高めですっごい楽しそうで可愛い姿って初めて見たので、驚いたし嬉しかったし胸熱でした。

MCも結構しっかりあって、それもまたリアルなコンサートだったなと思いました(いやまあ長いとは思うけど笑)。シャッフルユニットとかさあ、ユニットごとのMCとかさあ、横並びでMCするのとかさあ、なんかもう・・・はあ・・・コンサート・・・(何回も言いすぎ)。しかもまたこのMC聞いてるのも目じりが熱くなるというか、すごいなあ、こんなに大きな会場でコンサートできるんだ、本当にすごいなあ、9年かけてここまで来たんだ、うたプリってなんてすごいんだろう・・・・・ST☆RISHほんとうにトップアイドルだな、こんなに大きくなったんだ・・・・・・と思って泣くっていう。

2次元でここまでできるのかとか、ここまで技術が進歩しているのかとか、もちろんそういう驚きも感動もある。でもきっとそれよりも、純粋に「好きなアイドルのコンサート」を観られたことがこんなにも幸せなんだろうな。うたプリはもちろん好きだけど、ジャニタレを応援していたこともあって、いつか自分たちのコンサートしたいねって、ドーム公演したいねって言ってる子たちもたくさんいることを知っているからこそ、「アイドルが大きい会場で初めてのコンサートをしている」っていうことをより胸熱に感じられるのかもしれないな、なんて思いつつ。

でも本当に紛れもなくこの公演は実在しているアイドルのコンサートだったし、しかもクオリティがめちゃめちゃ高くてすごいものだった。これは間違いなく歴史に残るコンサートだと思うし、そんなものを観ることができるこの時代に生きていられて幸せ、本当に私は幸せ者・・・・・現地には行けなかったけど、ライビュだったけど・・・・・次はチケット取れるかな?!?!?1?!1!とか思っちゃうそして次のユニット曲は翔ちゃんにびっくりするほどかっこいいダンスナンバーください

あと、ウルブラの翔ちゃんはしぬほどかっこいいからみんな観てね!!!!!!

kyun-kyun!!!!ごごっごごーいん!ぱぱっぱぱーふぇっく!!!(←これは違う)(家で毎日コーレスの練習をしています)

*1:馴染みがないので呼び方が決まらない

*2:心の声、マジでなんで通常上映にしたんやろ…ってめっちゃ後悔した

*3:最近足洗い気味だけどジャニオタなので

*4:しかし担当しているもしくは好きなJr.はだいたいみんな辞める

f:id:Hlyrnir:20190403001457j:plainf:id:Hlyrnir:20190403001438j:plain
4月になりました。今月わたしはまたひとつ歳を重ねます。

べつに自分の歳についてそれほど悲観的にはなっていないつもりなのだけど、それでもやっぱり、この歳になってくると考えることもあろう、ということで。最近はすこしセンチメンタルな気分になったりも、しています。季節もあるのかなあ。

よく「いつも楽しそうでいいね」と言われるのだけど(特に既婚子持ちの友達から)、わたしはどうもひねくれ者なので、それをそのまま受け止められないというか、そこには少し「自由な時間がたくさんあってうらやましい」という意味もあるんだろうなぁと思ってしまう。確かにわたしは基本的にいつも楽しく過ごしているし、もちろんすべての時間を自分の自由に使ってはいるんだけど、あなたたちのその不自由さがわたしにはうらやましいこともあるんだよということはそれはそれで分かってほしい。打ち込みたいと思えるほど大した仕事もしてないし、婚活もうまく行かないし、それなのに遊んでばっかりいて、わたし、全然ダメだなって自己嫌悪する時間もやっぱり、ある。
本当はそういうのだってちゃんとどうしたいのか自分と向き合って考えないといけないなってわかってはいるんだけど、いまだに自分がどうしていきたいのか見えてない。そろそろ本当に考えないとなあ。

コードギアス復活のルルーシュ」を観てきました。初日に。
レイトショーで観たんだけど満席だったし、ネット予約が遅れて(それでも2時間以上前に取った)最前列しか残っていなかった。みんなギアス好きな。ちなみに映画は最前列で観るものではないぜ…次は絶対に真ん中で観るである

続きから感想を書き殴っていますが、本当に言葉の通り感情のままに書き殴っているのでまとまりもなければ文章もきれいじゃありません。

続きを読む

M・A・Cでアイシャドウのパレット(バーガンディ)とベージュのチークを購入。
バーガンディのパレット、可愛いけどなかなかの発色の良さですごいメイクが濃くなってしまった。最近デパコス奴になりまくっているので、いい感じに使いこなせるようになりたいなー。お値段するし…。
本当はリップもいろいろと欲しいなと思うものはあるけれど、手持ちもそこそこあるから我慢だな。
www.maccosmetics.jp
www.maccosmetics.jp

三連休の中日、自宅のいらないものをもしかしたら母が使うかもしれない、と実家に持ち帰り、そのままだらだらと過ごしていた。そこへ父から自分が読み終わったらしい森見登美彦の新作『熱帯』を与えられ、数ページめくってみたところ、やはり冒頭からモリミー節がさく裂している。どうやら今作はアラビアンナイト――千一夜物語をモチーフにした小説らしい?奇しくも昨年夏におとずれた下鴨納涼古本まつりで阿刀田高の『アラビアンナイトを楽しむために』を入手し、アラビアンナイトの世界に触れた私であったので、それだけでもがぜん興味を惹かれるというものだ。

誰も最後まで読んだことがない、という幻の本。果たして数ページしか読んでいない時点でこの長編小説の内容はまったくもって想像がつかないのだが、積読本がまだまだある中、ひとまず取り組んでみようと考える。2019年もやはり読めるだけ本を読んで過ごしたい。

と、いうように森見氏の文体に触発されてこのように徒然なるままに文章を綴ってみた今回のエントリではあるが、彼のような、流れるようにつらつらと目が滑っていく(と、いうように私には感じられる)文章を書くことは、やはりできないようである。

2019年、あけましておめでとうございます

2019年になり、3日も経過しておりますが、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いしますね。

2018年はどういった年だったかなぁと思い返していたりするものの、特に大きな変化はなかったなぁ。付き合っていた人とさよならして、素敵だなって思える人にも会えたけど、結局それも終わっちゃって。すっごくすっごく残念だったし、ご縁がなかったって分かってはいてもほんとうに悲しかったけど、年が明けても引きずってたら駄目だよねと思うので、頑張って切り替えていきたいなと思います。

去年はもう少し文章を書く、日記を書こう、と思ってダイアリからこちらに本格移行したつもりだったのだけど(ただ告知はしていない)、結局私が思うようなことは何も書けなかったし、書かなかったな。ふとした瞬間にいろんなことを考えたり、ぼんやり思いをはせたりはしているものの、パソコンに向かうとそういったことも全部頭からふっと抜けてしまっているのか、書くことがないなあ、と思ってしまうのだよね。
そういうことも、ほんとうは整理して考えて文章にすることはできるんだろうけど、私の場合、ふと思ったことをふと思ったままにしておくからうまくいかないんだろうなあと思うので、今年はそこを変えていきたいな、と思います。思ったことや考えたことを言葉にして残しておく。そういうことを、していきたいな。あとは、引き続き婚活を…頑張る…。

日記だなんだを書いてみよう、と決めたものの、毎日会社と家の往復で特段書くこともない毎日です。

そんな今週のトピックスは、風邪をひいたことぐらい、かな。水曜の夕方に急に咳が出だして、次の日起きたらものすごく身体がだるくてきっとこれは熱があるなと思ったんだけど、私の仕事は毎日しないといけないことで、しかも私しかする人がいないので無理矢理仕事に行った。
さすがにその日は定時で上がって病院でお薬もらって飲んですぐに寝たけど、やっぱり病院で処方してもらったお薬はよく効くなあ。いつものどからくる風邪だなあと病院の先生も言っていたから、のどには気を付けないといけないな。歌を習っているひとなのにね。
私は基本的に、睡眠も休みもあんまり取らなくてもいつも結構元気なんだけど、なんだか毎年この時期風邪をひいている。睡眠も休みも栄養もちゃんとしっかり取らないから、一年の疲れがどっと来るのかもしれないな、ちゃんと自分の体調管理もできないとこれからはだめだなあと反省した次第です。

さてさてそして、来週はほとんど二ヶ月ぶりぐらいに気になる彼と遊びにいってくる。もはやこれだけ会っていないと自分の気持ちもよく分からなくなってはいるんだけど、彼の取り組んでいることにはとても興味があって、聞きたいことはたくさんあるので、ふつうに楽しくお話しできたらいいな。
そもそも二ヶ月も空けて、しかも一回約束した日をリスケすることになってまで、なんで遊んでくれるのかもよく分からないんだけど。これは完全にちょっと遊ぶ知り合いもしくはとりあえずキープしとこうかみたいな感じなのだろうか?みたいな。まあそれはそれで、興味深い話が聞けたら私としては遊んでもらう意味はあるのかなと思っているので、あんまり意識しすぎずに、楽しんでこよーっと。