私は当然泣いちゃいますが


【MV】僕だって泣いちゃうよ / NMB48

めちゃくちゃ良い曲じゃないです???????やすす、こんな良い曲書けるんやったらもっとはよ書いてほしかったで。

衣装は可愛いし、全員参加MV胸熱だし、みんな可愛いし、さや姉は最高に美しい。もう最高すぎて今日ずっと再生してる…好き…。なにNMBの一文字とか???最高か?????幸運なことに卒コンも行けるのだけど、その日が来るまでまだ実感が湧かないなと思っていて、でも、このMV見たら泣けちゃった。なんばちゃん、大好きだなあ。あと私こじりんちゃん超絶応援してるからまあまあ前の方にいるのうれしい。あんまり抜かれてないけど…。

なんかもう、総選挙とかもはやみんな出なくてもいいよ、オタクの評価なんて全然気にするようなもんじゃないって私は思ってしまっている。なんばちゃんの、それぞれ自分のやりたいように、好きなように好きなことを貫いている感じが好きだな。アカリンを筆頭に、さえぴぃもブランドをプロデュースするってほんとにすごい。頑張ってることはそれだけちゃんと評価されてるってことだもんね。

さや姉が卒業したあとのなんばちゃんに関して不安もいっぱいだけど、私は次世代の子はあーやんもここなたんもこじりんちゃんもきいとちゃんもめっちゃ可愛いと思うのでこれからもなんばちゃん応援していくよ。

www.elegance-cosmetics.com
www.dior.com
ここ最近、なんだかやたらデパコス欲しい熱が上昇していて、昨日今日も大丸でチークとリップ買っちゃった><でも、どっちもめっちゃ可愛くて、満足。ディオールのチークは601のホログラム!ほっぺたキラキラして(年甲斐もなく)可愛いし、エレガンスのリップは01番を買った。赤だけど思ったよりなじみがよくって超可愛い。うれしいー。可愛くなりたいなっていう欲がなんかむくむく湧いてきてるんだけど、それってたぶん、やっぱりちょっと好きな人できたからかなぁって思っています。

昨日も遊んでもらったんだけど、ボルダリングとかして楽しかった。ボルダリング、一番簡単なレベルはすぐできるんだけど、そのひとつ上がいきなり結構難しくなるのでできるコースとできないコースがあって、ムキー!ってなったり。ごはんも食べていろいろ話して私は楽しかったし向こうもまた遊んでほしいですって言ってくれたけど、どうかなぁ。うーーーーーん。なんか考え続けちゃうのが嫌だから、終わりが来るなら早く来てほしいなっていう気持ちもあるんだけど(ネガティブ)。

最近、気になっている人がいる。久しぶりにこういう気持ちになったなっていうのもあって毎日がちょっと楽しいんだけど、でも、不安の方が多いかも。メッセージの返事とかいつも気にしちゃう。中学生か高校生か!ぐらいのレベルなので、もっと毎日それよりも気になることがほしい今日この頃(はぎちゃんは元気ですか)。

7月と8月に一回ずつ遊んだだけだから、まだ相手のこともあんまりわかってないかなあ。でもメッセージのやりとりとか会った時にちょこちょこ教えてくれてるエピソードで、ちゃんとした人だっていうことはわかってきた。ただ、周りにまったくいないタイプの人だから、やっぱりまだよくわからないな。そもそも私はあんまりぐいぐい行ける人間じゃないから、聞いていいのかなってことは知りたくても聞けないし、まだ当たり障りない話しかできていない。それでも頭がいいひとなので話が面白くて、あとは私が自分の話ばっかりでもちゃんと聞いてくれて、そういうところが大人だし素敵だなって思う。
京都の人で送り火をおうちで見せてもらったのだけど、お部屋のセンスもよすぎた(でも本でいっぱい!)ので、帰った後自分の部屋の汚さに辟易してしまった。狭すぎるというかもはや物が多すぎて収まりきってない。気合を入れて掃除と断捨離をするぞ、と心に決めた、けどまだ全然散らかっている…。

三回目の遊ぶ約束もしているけど、一回目に会ったときに行きたいですねって話をしていたところに行くから、律儀にそれを実行しようとしてくれてるのかな、それがクリアできたら次はないかもーって友達に言ったらネガティブすぎると言われてしまった。でもなにしろ自分に関して自信がないので、こうなんというか悪い方悪い方に考えてしまう癖があるな。でも、遊んでるときは毎回楽しいし、たくさんいろんな話をしてくれるので、次もそれは楽しみ。

楽しいことをしにいくってことだけ考えて、他はあんまり深く考えないようにしよう。

最近買ったデパコス

最近、服に対しての購買意欲が湧かないかわりに、デパコスをいくつか買ってみた。
服はどうしても自分の容姿に自信がなさすぎてあれもこれもかわいいけど似合わない…と思ってしまって買えないターンが続いているんだけど、これは一体なんだろう。昔は若さで似合わない服もなんとなくカバーできていたような気がするのに、最近は本当に自分に似合うものじゃないと買えないような気がしてしまって、なんだろうな。あんまりよくない心持ちのような気はしている。そして、33歳に似合う洋服はそれなりに高いという。
www.yslb.jp
www.yslb.jp
イヴサンローランでファンデと下地。下地はキラキラしていてかわいい、し、めちゃくちゃサラサラになって感動した。もともと顔の毛穴は全然目立たないほうだけど、時間がたつと結構くすんでしまうのが悩みといえば悩みで、でもこのセットだとくすんでないし落ちてなくって、BAさんが化粧直しもしなくていいぐらいです、って言っていたのもわかる。下地のあとに普通のビオレの日焼け止めを塗ってからファンデーションをつけています。買ってよかったな!
www.dior.com
あとはDiorでアイシャドウを買った!ツイッターで見かけてすごくかわいいと思ったので思わず購入。夏の限定で、私はオレンジのヒートアップを買いました。オレンジがめちゃくちゃかわいいし、ほかの色もキラキラが入っていたりで使えるので、高かったぶん、たくさん使おうと思います。

つい先日、33歳になった。
30代を3年も過ごすと自分の年齢が何歳だろうが特に気にならなくなってきて、感慨、というものもこれといって感じなかった。ただ、普通の一日。
でも、前日は実家でケーキを用意してくれたし、当日は妹が一緒にロイホでご飯を食べてくれてプレゼントもくれたし、一日遅れでNYにいる弟がメールをくれた(時差とかじゃなく、あれはたぶん普通にそのとき思い出して送ってきたんだと思う笑)。ずっと知っているし疑ったこともないけれど、やっぱりわたしは家族に愛されているなということをあらためて感じて、うれしかった。わたしの人生で一番幸せなことは、この家に生まれてきたことかもしれないな、と思う。だからこそのしがらみ、みたいなものもあると感じているけど、それは家族のせいじゃなくて、自分の気持ちのせい。

33歳。もう世間ではいい大人の年齢なのにまだまだ自分は子供としか思えなくて、そして、まだまだいろんなことに悩んで、しかも真剣に向き合えなくて、ぼんやり過ごしている。そんな自分がいやだと思うけど、結局何も動かないままで、きっとこの先もずっとこのままなんだろうなと、考えてしまう。わたしは好きなこともしたいこともたくさんあるけれど、何が一番好きだとか、何を一番やりたいだとか、そういう、まっすぐ一本、がない。だから自分を持っている人にものすごく憧れてしまうんだろうなあ。

4年近く一緒にいた人と、付き合っている、という状態を解消した。それは言ってしまえば結婚相手を探すためだし、親を満足させるためなんだけど、実際自分が結婚をしたいかどうかは正直なところわからない。自分がもっと普通の人生を生きられる人間ならよかったし、そうでないなら自分自身をちゃんと見つめていられる人間ならよかったのに、そのどっちでもなくて、情けないなあ。
とにかく婚活的なものをまた再開した。でも、やっぱり気は進まなくて、結局のところ自分が心を決めない限りは、状態はずっと同じなんだろうと思っている。楽しいことや好きなことばかりをしていたらだめだな。それか、好きなことをして生きる、と、心を決めるか。どうするか。どこで、何を、決められるのか。

f:id:Hlyrnir:20180430224647j:plain

www.ghibli.jp
先週の金曜日、有休を使ってハルカスの美術館でやっていたジブリの立体建造物展へ行ってきた。
前に六本木でやっていたジブリの大博覧会にも行ったけど、今回のこれもすごく行きたかったので(有休を取ってまで)今まで特に自覚があったわけではないのだけど、たぶん、いやいや確実に、ジブリがめっちゃ好きなんだろうなと今更ながら思った。

私の家から天王寺までは一時間ちょっと。開館が10時だったのでそれより少し早めに着けたらいいなぐらいに思っていたら、張り切って目がすっきり覚めてしまった。いつもの出勤時間よりも早く家を出る段取りの良さを発揮することになり、我ながら遠足の朝だけ早起きする子供みたいだなあと思って、笑えた。結局通勤ラッシュにそれほど揉まれることもなく、わりと早くに着くことはできたけど、なんと10時開館なのに9時半にはもうちらほらと並んでいる人がいてびっくり。平日に来ることにしてよかったと思いながら、あまりにもお腹が空いていたので、ひとまず上の階にあるカフェで腹ごしらえ。前にも来たけど、窓が大きくて外がよく見えて好き。

f:id:Hlyrnir:20180207002213j:plain
チーズトーストのモーニングセット¥390
食べ終わってさあそろそろ並ぶかな、と行ってみたら、もう50人ぐらいの行列!エレベーターから降りてきた人たちも続々とチケット売り場に直行していて、平日でも、ジブリ、なめてたなあ。

なんか余計な話ばかりしてしまったけれど、展覧会は本当に行ってよかった!と終始感動しっぱなし。入口から実物大の千と千尋のセットや「耳をすませば」の地球屋のセットなんかがお出迎えしてくれて、それも楽しかったんだけど、何よりジオラマが細部までリアルに作られていて、感動というかむしろ、興奮した。ハイジの山の風景の大きなジオラマ*1から「魔女の宅急便」のグーチョキパン屋さん、アリエッティのおうち、トトロの草壁家、などなど。一番の目玉はもちろん3メートルの油屋のジオラマ。隅から隅までじーーーーーーーーーー、っと観察してしまった。ちなみに私はジブリ作品ではダントツにラピュタが好きなのだけど、パズーの働いている炭鉱のジオラマもあって、大興奮。ラピュタの区画の説明図もあったり、ジオラマだけじゃなくて背景画も充実していて、きっと人が少なかったら何時間でもぐるぐる見ていられたなと思う。見ていたかったな、まあ、やっぱり人が多かったのもあって、さっと流してしまったものもたくさんあるのですけど。

そういうものものを見ていてふっと湧いてきたのが、やっぱりジブリの「実際には存在しないものや場所、を、まるでどこかに存在しているかのようにリアリティを以て描かれていることのすごさ」というものをとてもとても強く実感して、感動した。たとえばわたしは「君の名は」も大好きで3回観たけど、あれはリアルに存在している場所を忠実に、そしてより美しく描かれていることに感動したなあという思いがあって、ジブリはそれとは反対だなあ、と、なんかそういうことを感じたのでした。
うーん、アニメ、超すごい。大好きだ。

*1:町の部分には汽車がなんと動いていた!子供たち釘付け

あと数か月もしたら、3回目のぞろ目の歳を迎える。この歳にもなると、周りはほとんどと言っていいぐらい結婚したり子供を産んだりしているわけだけれど、果たしてわたしはそういうことを望んでいるのかなあなんて、実のところ、なんだかよく分からなくなっている。

結婚して幸せに暮らしている友達もいれば、離婚した友達もいるし、子育てもわりとうまく行っている友達もいれば、ノイローゼ気味になっている友達や、不妊治療を何年もして、やっと子供を授かった友達も、いる。そういう、いろんな視点からの話を聞いたりしていると、わたしは結婚して子供を産んで育てて、という生活をしたいのかどうなのかなあ、なんて考えることがままある。親には結婚をせかされるというか、母親には自分の友達の息子が良い子らしいからどうかとか言われるし、最終的にはいとこ(ただいま高一の男の子)にも迷惑かけることになるかもしれへんのやで!と攻め気味に言われたり、妹には「お姉ちゃんが結婚しないと、わたしが世話しないといけなくなるねんから、結婚せえへんならせめてちゃんと貯金しといてよ」とか言われたり。なかなか世知辛い世の中です。

もちろん親が子供を心配するのは当然のことだと思うんだけど、わたしは家事も好きじゃないし*1、一人で好きなことをしている時間がなによりも大事だし、結婚したらそのきらいな家事を基本的には担うことになるわけで(分担してくれる人もいるのかもだけど)、さらに大好きな旅行ももちろん断念しなくてはいけなくなることもあるわけで、そこまでしてわたしは「人に迷惑をかけないための結婚」に走らないといけないんだろうか?という、葛藤、うーん。絶対結婚したくないというわけでも、子供が欲しくないわけでもないから、すべてがぴたっと当てはまったり、「この人のためなら」と思える相手がいれば違うんだろうけど、さすがに今の環境で、そんなにうまくいかないことは分かっている。

誰かに迷惑をかけたくない気持ちはもちろんあって、そのためにはパートナーや子供がいてくれた方がいいことはわかっているんだけど。このまま独りでいて、呆けたりせずに元気なうちにぴんぴんころりできたらいいんだろうけど、病気になったり、介護状態になったり、したら、ねえ。そんなことを常々考えている。できるだけ、楽しく生きていきたいものだけど。

*1:今は一人暮らしだから、自分のペースでやりたいようにできている